読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.3.19オープン 自家製培養酵母パンの店「Boulangerie ONO」 

2017.3.19オープン 自家製培養酵母パンの店「Boulangerie ONO」 

2017.3.19 阪急神戸六甲に自家培養酵母「Boulangerie ONO」がオープンした。

「人に優しいパン作り」をコンセプトに、素材にこだわり、自家製酵母を使用した緑茶酵母の食パンや季節の果物酵母を使用したカンパーニュなどを提供する。

店内にはハード系が中心でありながらも「普段使い」を意識したパン達が並ぶ。食パンのROKKO、さっくりとした噛み口のクロワッサン、シトロン、シナモンロール穀物を使用した健康的なイメージのパン・オ・セレアル、いちじくのとろけるような食感が特徴的なフィグ・エ・セレアル。ラスク、ESPRESSO(クグロフ)、紅茶のスコーンなど、手土産にも最適な焼き菓子などのアイテムも嬉しい。今後はメロンパン等のスイート系アイテムも充実させていく予定とのこと。住宅街の中心部にある立地ということもあり、「この場所にパン屋さんがほしかった」という、オープンを待ちわびていた来店客の声が多く聞かれた。地域と共に成長する「Boulangerie ONO」に期待感は高い。オーナーの小野シェフは「地元のお客様と対話しながらのパン作りを目指したい」と話す。

自家製培養酵母パンの店「Boulangerie ONO」

〒657-0066 神戸市灘区篠原中町6丁目1番15号 第二大森マンション1階

Tel & Fax:078-882-0055

営業時間:8:00〜18:00

定休日:毎週火曜日、その他不定休

最寄駅:阪急神戸本線 六甲駅より徒歩10分、JR山陽本線 摩耶駅より徒歩12分

Facebookページ:https://www.facebook.com/boulangerie.ono2017

「パンヲカタル 公式ホームページ」

http://panwokataru.net/

「パンヲカタルFacebookページ」

https://www.facebook.com/panwokataru/

#パン #パンヲカタル #ブレット #ベーカリー #パンでつながり笑顔になる #パンコーディネーター #パンシェルジュ #パン王子 #パン屋巡り #パン屋 #ベーカリー #兵庫県 #神戸市篠原中町 Boulangerieono #ブーランジェリオノ

納車!

てな訳で納車です。

唯一在庫があった青葉台の店から、乗って帰ります。40キロほぼフルマラソンですね、いやーカーボン軽い!坂楽!ブレーキが今一歩 シマノ製じゃないからなあ、、変えないと。

で、せっかくなので青山にあるシマノのカフェへ あらガラガラ? おしゃれで味もまあまあ、店員もいいひと達でした。帰り際な話しかけてくれて、楽しく自転車談義。

そこから、皇居へ、たくさんのロードと遭遇。しかし、Focus はいないですねwまあ、メジャーよりマイナーを探してしまうのは今も昔も変わらないw 途中スペシャと競争ぽくなりましたが互角でした。(まだ、足がのこっててよかった)やるなカヨちゃん! この子 Focus Cayo っていいます。見た目に合わず可愛い名前でしょ?

クズですみません

はぁ〜、どうしよう。。。

この話を書くべきか、正直迷う。

でも誰かに聞いてほしい気持ちもあるんだよなぁ。。。

んー。。。

まぁ、書くか。

実はこの話は誰にも話した事がなくて、

話せない、でも1人で抱えてても、もんもんとしちゃうから書きます。

僕、実は2年前から不倫してます。

昔の自分だったら全く理解が出来なかったんだけど、

変な意味で成長しちゃったんだねw

最初はただただ寂しいのと、虚無感から誰か傍にいてほしくって。。。

絶対に自分の店の子に手を出したりしないって決めてたんだけど。

あまりにもタイプだったから、仲良くなりたいってだけだったんだけど。。

仲良くなりすぎてこんなことに。。。

相手は最初からこちらが家庭を持っている事を知っていて、

お互い始めはただの遊びだったんだけど、月日が経つにつれて、

お互いの心と体の相性が良くて段々大事になっていってしまったんだよね。

でも最近まで俺は大事だって事に気づいてなくって、

相手はバツイチ子持ちで、前から再婚と年齢の壁が来る前にもう1人子供が欲しいって言ってて、

それを聞いて俺は「ふぅ〜ん。まぁ無理でしょ」位にしか思ってなかった。

そして、この関係のままずっと続くと思ってた。

今まで全部俺の都合で会いたくなったら会って、仕事でも2人でいなきゃいけない時間も、

一人にさせてたり、まぁ好き勝手やっていたんだけど、

最近になってあんまり都合が合わなかったり、電話のタイミングが合わなくってオリテルになったり

色々と不自然な事が多くなって、問い詰めてみたら、

実は3か月くらい前から彼氏が出来たって言われた。

それまではそんな事も考えた事もなかったし、自分の事が好きだと思っていたから、

別れろって言ったら相手と別れると思っていたんだけど、もう本気だとは言われなかったものの、

会話の節々から本気が漂っていて、別れるならあなただと言われちゃった。

家庭に戻れば良いじゃんって。

言われて、「まぁそうかも」とも思ったんだけど、

そっからショックだったみたいで、3日間何も食べれなかった。

そこでいつの間にか俺は本気になってたんだなって気づいた。

相手は元々俺の家庭を壊すつもりもなくって、一緒にいてもあなたは自分の物にならないでしょ?

私も再婚したいし、もう1人子供が欲しいんだよ。

だから時間が無いの。

って言われて、じゃあ俺別れるから一緒になろうよって、悔しいから言ってみたけど、

あなたにはあの奥さんが合ってるよって。

長くなったから、この辺で。

続きはまた書きます。

【台北へ逃亡の旅2017】二日目B 平渓線へ

おじさん、その後、ソーセージ(白いおはにんにくです)を食べたりしましたが、

十分へ移動。ここは滝が有名です。次の列車まで1時間ですが、滝まで片道30分近くかかるので、ギリギリです。

途中、駐車場で電気自動車用の充電器発見。

台湾の交通カード(悠遊カード)でチャージできるようです。

滝到着。

昨年も来ましたが、めちゃきれいです。

癒やされました。

吊橋渡って帰ります。

めちゃ飛ばして歩いたのですが、人が多すぎ、駅付近で時間かかりすぎ、1時間に1本の列車に乗り遅れてしまいます。

1時間ほど付近を散策。体力的に限界来ました。

昨日、あまり眠れていないので、かなり身体にきました。

ちなみに今回は週末の土曜なので、みちゃ観光客が多いです。

列車来ましたが、

連射の中はこんな感じです。

疲れ果てて、台北に戻り、ディンタイフォンでお食事。

高いんですが、早く料理が来るし、サービスいいので、

おじさん、好きです。本日は疲れ果てて、これにて終了。

高畑充希、声優&主題歌の重責に苦悩 監督に歌声を絶賛され「今聞けて良かった」( ̄〜 ̄;)

高畑充希、声優&主題歌の重責に苦悩 監督に歌声を絶賛され「今聞けて良かった」

(エンタ高畑充希、声優&主題歌の重責に苦悩 監督に歌声を絶賛され「今聞けて良かった」メOVO - 03月18日 18:01)

防衛省元キャリアの矛盾を暴く!

防衛省太田述正氏との議論

彼の主張は「日本核武装」(基地外)

集団的自衛権の全面的行使容認」(誰を相手にどう戦うのか質問したが、返答できず)

以下は彼の防衛省寄りの滅茶苦茶な理論への私の反論で、ボロカスに叩きのめしました。

3月14日「皆さんとディスカッション」(これ購読者がたったの1千4百人しかいないのな)

http://blog.ohtan.net/archives/52256619.html

以下は敬称略

太田

≫典拠が付いとらんでー。ちなみに、「MR4」じゃなく「MRA4」だろ。なお、英国が最終的に採用したボーイングP-8 Poseidonは双発だけど、MRA4だって4発エンジンだったんだからねえ。≪(コラム#8964。太田) 

上記についてますよ。斜め読みでなくキチンと読んでくだい!

ニムロッドの話は清谷新一のブログの引用、しかもニムロッドは失敗作。

細かい話は兎も角、英国はニムロッドの開発中止という「英断」を行い、米軍のP−8(ボーイング737ベース)を採用。

「英国防省、哨戒機をP-8に決定」

http://blogos.com/article/146303/

ニムロッドは2011年に既に退役してます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/BAE_%E3%83%8B%E3%83%

海上自衛隊のP1がIHIの専用4発エンジンなので、英国同様失敗する可能性が高いだろう。

(米海軍の哨戒機P-8はボーイング737ベースで汎用パーツが豊富にあるから、維持コストが安価)

防衛予算が日本よりも潤沢な米海軍がパーツが豊富な民間の737ベースの哨戒機P-8を採用したのに、日本は態々信頼性低いIHI専用4発エンジンのP1を採用。

清谷氏が再三指摘していますが、防衛省は貴重な国税を使う意識が欠落しており高いオモチャを買うことしか意識がない。

防衛省の購買担当者は能力欠如で一般企業の購買担当ならば速攻でクビです。

太田

≫どうせ、実戦では使われないんだから、が抜けてるぜ。<(同上)

使わないなら、余計安価なモデルの購入が先決でしょう。

そんな滅茶苦茶な論法が通るのが間違いです。

防衛省にはその程度の常識すらないんですか?ならばリストラして全員解雇して人員を入れ替えるしかないですな。

<私が日本の航空関連産業は5社(日本飛行機のカウント方による)もあり、多過ぎるから集約しろ!>と言った事について

太田

≫ならば、そもそも、MHI川崎重工富士重工新明和、の4社は、いずれも(民間機を含む)非軍需部門がメインのメーカー群であり、航空機部門はそれぞれの技術力の源泉であり結集でもあるという位置づけであって、防衛省がこの4社に(どっちみち実戦で使われることはない軍用機群を)発注するのは、産業政策的には意味あるのでは?≪(同上)

上記企業は本業がエアバスボーイングロッキードマーチンノースロップグラマンBAEシステムズなどの航空機専業メーカーではないでしょう?

他のメイン事業で儲けた金を防衛産業に投資しているわけです。

東芝半導体で儲けた金を原発事業に投資したのとスケール違えど同じ。

共通するのは、上記企業は(東芝除く)他の業界では全てイマイチの存在企業。

こういう連中を英語で「Also Run」といいます。

では防衛省でも経産省でも良いが何故、主導して航空業界の再編をしないんです?

日本の大好きな「日の丸ジャパン」ですね。

ヤル気もない、マネージ能力すらない、天下り先が減るから困る。その程度でしかない。防衛省にはその程度の低能力しかいないということです。

何でそんな低能力の省庁が必要なんでしょうかね。不要でしょう。

太田

≫下請け重層構造ってのも日本型経済体制の持ち味の一つだからねえ。≪(同上)

そんなものは20〜30年前の話で、腐った「昭和エレジー」です。

経済実態を知らないにもほどがあります。

ならばMHIのF2戦闘機はどうなんですか?

バンバン、下請けベンダー切ってるじゃないですか。

「X-2とF-2 日本にまともな戦闘機が開発できるのか」

http://kiyotani.at.webry.info/201601/article_10.html

ところがF-2の開発費は「新型戦闘機」並に高騰し、運用費も双発機のF-15Jよりも高くなってしまった。性能もイマイチで、空自は4発の対艦ミサイルを搭載しての対艦攻撃の試験すらやっていない。カローラを作るつもりが、できたのは値段だけはベンツで、しかも欠陥車だったわけです。こういうことを書くと感情的に否定する人たちが多いのですが、等の空自自体が調達機数を減らしています。これがなにより、F-2がどのような戦闘機であるかを雄弁に物語っています。

空自と防衛省は米空軍機と同じ玩具が欲しいばかりに、よく考慮もせずに営々と築いてきた戦闘機生産基盤をあっけなく捨て去りました。信じてついてきた企業は腸が煮えくり返る思いだったでしょう。

そんな信用出来ない組織が戦闘機の生産を再開するといって、ベンダーたちが信じるでしょうか。

  

ぐうの音も出ない正論!

太田

MHIから分離した三菱自動車の「失敗」を見ても、「失敗」はMHIの身から出た錆であり、防衛省MHIより川崎重工をより重視するようになったのもMHIへの信頼感の低下があったのでは? 更に言えば、そういう「まともな」判断を防衛省がせざるを得なくなった背景には、そう遠くない将来、軍用機を含む国産諸武器が実戦で使われる可能性が出て来た、という切迫感の醸成がある、と考えたいところではある。

  

私、そんなものねーよ!

もしそうならば尚更、上記の様に業界再編して、開発リソースをまとめるべきです。

MHIがヘンというか頭がオカシイのは、日本は敗戦国なのだから、戦闘機の独自開発が許可されるわけがないという、当たり前のことすら理解出来ない位、頭が悪いこと。

同じ敗戦国のドイツやイタリアの航空機メーカーは日本よりも遥かに技術力がありますが戦闘機開発は行っていません。

太田

≫「日本の狩猟用・競技用ライフルやその部品の輸出額は9700万ドルに達し、小火器の輸出額ランキングでは米ロ独などのトップ8に次ぐ主要輸出国とみなされている。」<(同上)

だから何なんだよ!

民間のミロクやSKBは民間銃器専門メーカーです。

職人が1挺1挺を手作りで作っており、マスプロ製品の軍用銃と一緒にするのは間違いです。また彼らは長年海外輸出して狩猟や射撃競技で一定の評価を得ています。

豊和工業ミネベア、住友重工は銃器専門メーカーではありません。

勝手に自分の都合の良い結論を元に典拠にしないでください。

デタラメでしかありません。

自衛隊に納めてる諸小火器がダメなのは、諸「中・大火器」がダメなのと同じで、その通りだけど・・。≪(同上)

だから前述の様に自衛隊も米陸軍に相乗りして、FNHから安価に一括輸入すればいいじゃないですか。何故、出来ないんですか?列記されたSIG P17ピストルも同様です。

イスラエル陸軍は今は国産のタボールを使用していますが、少し前は米軍供与のM4カービンでした。

http://www.isayeret.com/content/weapons/assault/carbines/factory/guide.shtml

≫この3行の(642ドル以外の)典拠は?なお、ここでウィンチェスターを引き合いに出すのはオカシイのでは?≪(同上)

アンタ、ホント上っ面だけで中身を読んで理解して読んでないんだよね。

キチンと書いてるでしょ?

米陸軍はコルト、ウィンチェスター(これは書き間違いで実際はレミントン)、FNHの3社を選んで入札した。

各社入札提示額:

コルト:1.200ドル/挺 ”COLTの商標特許料とのロヤリティーを含む

レミントン:673ドル/挺

FNH:642ドル/挺

当然のことながら、7700万ドル(約92億円)で12万挺という膨大な米軍との

契約は、FNH社に転がり込んだ。

結果、米国メーカーであるColt Defense社は倒産。

※追記Colt製品の品質管理に関する問題は他にもあり、2009年 Colt Defense社は

米陸軍との間にて、7.62mmNATO口径M240汎用マシンガンの製造に関し、

1億2、600万ドル(約151億円)の巨額契約を取り付けるのに成功。

しかし過酷な使用状況にてレシーバーのチベットが外れるという深刻なミスが発生し

リコール問題にまで発展(これが上記契約への伏線であった)

※(典拠 雑誌ガンプロフェッショナル 2015年10月号 P29)と書いてます。

海外サイトならばこれ。この程度ググって調べればいいじゃないのか?

その程度も出来ないのかね?

https://mail.google.com/mail/u/0/#inbox?compose=15ac85a552aeb7ec

太田

宗主国サマ向けの必要不可欠な見せ金(捨て金)だっちゅうのに何をおっしゃる!≪(同上)

要らないものはどんなヘ理屈つけようが不要でしょう。

例えば防衛費を1兆円減したとして、日米合同会議で在日米軍経費は「昨年の半分しか払えません」と言う勇気すらないんですか?

日本人はそんな腰抜けだったら、仕事辞めて明日からハローワークで転職活動すれば良いじゃないですか。

もし太田さんが交渉の場にいたならばビビッて、怖くて米軍には何も言えないんですか?そんな腰抜けの根性しかないんですか?

こんなものビジネスでは当たり前です

(下らんので省略)

海外の連中なんぞ関係ありません。問題は防衛省

このコラムでも再三、防衛費をGDP2%に増加すべき!って太田さん言ってるじゃないですか。(コラム省略)

ならばどこにその財源があるのか?と聞いてるんですよ。

太田さんの、何時もの「金なんかどうにでもなる」という全く説得力がない「哲学論」はもう結構。

年金も健康保険も教育費も全部カットして、防衛費増を行うという。国民誰も支持しない論法でも結構ですよ。どうせそれしかないんですよね。

他のサイトでも軍オタと論争したが、どいつもこいつも財政問題の理解が完全に欠落してるんですよね。

財務省HP」

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/002.htm

防衛費は5兆円ですが、国債利回り<だけ>で2倍の10兆円。

「日本国債利回り

http://www.e-pbo.jp/bond/bond10.html

これ「何か」があって日本国債が格下げされて、支払い金利が2倍になったらどうするんです?

防衛費5兆円は吹っ飛びます。そういう観点は全く考えてないですな。

因みに現在の日本国債の格付けは14位で、中国(11位)や韓国(9位)よりも低い。(ムーディーズでA1)

http://lets-gold.net/sovereign_rating.php

既にここまで財政規律が失われ人口動態で税収増えそうもないドツボに嵌ってる日本経済の舵取りは、だれが政権取っても簡単ではない、というのは、私でもわかりますけどね。

日本の株価は米株のようなねばり腰の強さ、ファンダメンタルの強さがぜんぜん感じられない。だから将来性はないですわな。

これでも日本は財源なしで米中と軍拡競争やるんですか?出来ないでしょう。

やれる!とか、何とかる!ってんなら典拠を出してください。全く無いでしょう。

空想タラレバ話ならばもう結構です。

チャンチャン!相手にするのもバカバカしいわ。

続き

太田

やれやれ、よりにもよって、私の最も土地勘のある分野で私に議論を吹っかけてくるとは、ずっと、破滅型ニヒリストっぽいキミのことを心配してるんだが、一層心配が募るねえ。

   

大きなお世話です。私のことなぞどうでも宜しい。

心配して貰わなくて結構です。

それと、太田さんって土地勘なんか、駅前商店街の買い物意外に

どこにもないんじゃない。

土地勘あるわりに、素人相手にまともな反論できねーじゃん。

太田

枝葉の議論の前に、キミが、「軍事費は、主権(独立)と国際法強制執行を担保するための手段として、その額の多寡はともかく、最重要な財政支出なのであって、日本でも一刻も早くそうならなきゃならない、という太田コラムの根本的テーマがお気に召さない」(コラム#8964)のかどうか、まずきちんと答えて欲しいね。

  

ならば前述の 「財務省HP」

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/002.htm

防衛費は5兆円ですが、国債利回り<だけ>で2倍の10兆円。

(※以下重複するから省略)

  

まず、これに答えてください。気に入るもないも関係ない。

その財源はどこにあるんです。金の話がない話は時間のムダです。

それとアンタ苦しくなると、ミロクの散弾銃は輸出してるから!

って全然関係ない話で誤魔化す。関係ない話で誤魔化すんじゃねーよ。

何度も書きますが、FNHから米軍M4カービンは相乗りして買うのか、買わないのか

どっちなんですか?

買わないなら自衛隊豊和工業ポンコツ・ライフルを供給するが、

税金のムダ使いという観点が欠落してます。

太田

「というのも、防衛省(庁)側からすれば、実戦に使われることがないのだから、装備等の価格を安上がりにして調達総数を増やす意味はないし、価格を安上がりにすれば、下手をすると天下り総数が減ってしまいかねないし、また、財務省(大蔵省)側からすれば、全装備等ないし特定の装備等を安上がりなものへと査定しても、それ以外の予算をその分だけ増やさなければならなくなるだけだからだ。

  

単なる良い訳。使わないなら、予算カットするべし。

自己正当化で何の意味も無し。それと天下は法律違反じゃねーのか。

太田

7.ちなみに、陸海空自衛隊への防衛予算の配分は、「主要」装備の調達額(=数量x価格)をもとに機械的計算で行われ、残余が残りの諸機関に配分される、というルールが確立する。その結果、陸海空の防衛予算それぞれの額(シェア)もまた、基本的に動かせないものとして推移してきた。

  

これも良い訳。予算が他部署に動かせないって、それ防衛規約があるのか?

その典拠はねーだろが。

単に防衛省の予算編成担当者及び米軍の担当窓口のアンタが腰抜けで、

米軍と交渉能力がないんでしょう。

貰った請求書を振り込むならバイトでも出来るじゃねーか。

要は交渉相手の米軍が怖いんだろ?そう正直に書いたらどうなんよ。

米軍が怖くない!自分は腰抜けではない!ってんならその典拠だしてください。

要は30年間防衛キャリアでやってきたが能力不足と腰抜けで

業界再編も米軍との交渉も上手く行かなかった

だが、それじゃプライドが許さず悲しいから自己正当化するために「吉田ドクトリン」を造語して「吉田が悪い、外務省が悪い」と言い逃れを言ってきた。

ただそんだけ。違うの?

アンタ、日本がアメリカの属国っていうが、じゃあ窓口担当者のアンタは何してたの?

何もしない、出来ない良い訳で「吉田ドクトリン」を思いついた<だけ>でないの。

チャンチャン!(笑)

統幕幹部が陸自日報非公表指示

現世で死んでいてもネットでは生きる

そうじゃないかえ♪、皆の衆

なんか、なんか、べっぴんさんやな。

ジャンジャンで串揚げが食べたい。