読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説「砂の狩人〈下〉」大沢在昌

あらすじ

殺された組長の子供は皆、喉に携帯電話を押し込まれていた。

暴力団員は、中国人マフィアの仕業と勘違いして暴走。

血が血を呼び、全面戦争に発展してゆく。

機動隊が緊急配備され騒然とする中、警察庁の女性キャリア・時岡は、ついに〈狂犬〉に拳銃の使用を許可する。

「狩人シリーズ」2作目であるが、展開に騒然としたのだが。

血で血を洗う展開なんて、激しすぎて。

いやはや何とも濃厚すぎて、確りと読ませてくれることか

大沢さん、凄すぎだろう

このような作品を書かれることに敬服した。

だから、大沢在昌と言う作家は大好きなのである