読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(再送2014年05月14日)医者の都合だとしたら情けない >旦那にも伝えたい! 陣痛の痛みをズバリ一言で表すとしたら?

女性はもっと怒るべきだ

陣痛の苦しみは義務ではない

医師が2人体制の無痛分娩こそが安心・安全な出産の理想形だ

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1926444736&owner_id=19718339

我が家じゃ〜もう二タ昔も前の事だけど、『無痛分娩』の言葉だけはあったが、特殊な別世界の事と思っていた。

もちろん脳裏にも選択肢は無かったが、今から考えるとちょっと後悔もあります。

もちろん、無痛分娩は麻酔を使うのでリスクがありますが、

母体の安寧と言う掛け替えのないベネフィットがありますので、選択肢に入れてご家族で話し合うべきだと思います。

幸いにも、身近で難産の例はありませんが、難産ほど怖いものは無いと思います。

無痛分娩が普及しないのは麻酔医不足だと思います。

今でこそ麻酔医は指揮者に例えられるほど重要視されていますが、昔は看護婦さん程度の認識しかなかったので、徹底的に麻酔医が足らないんだと思います。

麻酔医不足の影響で無痛分娩が普及しないのだとしたら、情けない話ですね

オトコには判らない世界なので頓珍漢な事かもしれないですが、ご容赦ください。