読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性の転換

あらゆる可能性を考慮してこっちにも一応載せとく。

女装癖をこじらせて性転換して、

性転換したところで「元の骨格」は元のままで、

ただ単にアレが失くなっただけの話で、

アレを失った後でいまさら死ぬほど後悔して、

最後耐えられなくなって自殺した人を知ってる。

自殺までいかなくても性転換したことを死ぬほど後悔しながら生きてる人を何人も知ってる。

もう心が完全に「今の肉体の性別と逆」で、生まれた時から一貫してずっとそうならいいけど、君の中のその気持ちが「別の性への羨望」とか「男と女の間で揺れ動いてる」とか「異性に恋する気持ちもある」なら、決断をくだす前にどうかもう少し考えてみて欲しいんだ。

その気になれば捨てる事はいつだって出来るけど、失った後じゃもう二度と取り戻せないから。

人生は短いけど、俺や君が想像するよりは圧倒的にめちゃめちゃ長いんだ。

その膨大な時間を後悔しながら生きるのは本当に耐え難いことだと思う。

だから性転換して後悔して自殺する人が毎年後を絶たない。

だから、それでもやるならマジで自殺する覚悟してからにしなよ。ホントマジで。

で。

もう手術しちゃってて、只今絶賛後悔中の人。

人間ってさ、絶対何かを失いながら生きていく生き物なんだよ。

もしあんたが手術しなかったら、その手術するはずだった日に事故にあって半身不随になってたかもしれない。

そしたらあんたきっとこう言うんだ。

「こんな事になるくらいなら、やっぱ手術行っときゃよかったなぁ・・・」って。

そう、どんな不幸にだって「その更に上」が存在する。

想像してごらんよ。

家族や友達と、貧しい村で、貧しいながら幸せに毎日暮らしてる自分の姿を。

そしてそこに、頭にターバン巻いて銃を持った男達が沢山やってきて、

大人は全員縛り上げられて子供にはナタが手渡される。

そして後頭部に銃を突きつけられ、こう言われるんだ。

「さあ、そのナタでお前の父親と母親の首を切って殺せ。

それができれば俺らの兵隊として生かしておいてやる。

できないなら、お前の目の前で両親を銃殺して、そのあとお前も殺す。

どっちがいいか選べ」

これは俺の妄想でもなんでもない。

中東の、イスラム国が支配する領域で毎日のように行われてる、ただの日常風景。

ただの現実であり事実だ。

半数の子供は親を殺せず銃殺され、

残りの半分は親を殺して生き延びて、イスラム国の兵士として洗脳される。

反抗や復讐なんて考えれば頭撃ち抜かれて死ぬだけ。

毎日戦場の最前線に立たされて、ほとんど「肉の壁」みたいな扱いで、それでも生き残れたやつだけが大人になれる。

大半がどっかしらの戦場で撃たれて大人になる前に死ぬ。

これが中東の現実。

ちんこがあるとかないとか、心が男だとか女だとか、すげー小さいよ。

別にその苦しみを軽んじてるわけじゃない。

俺だって生まれつきの遺伝子異常の病気でゾンビみたいな皮膚してんだ。

実際子供の頃はいつもゾンビだ妖怪だ怪獣だっつって苛められた。

何より辛いのは、自分自身「これ・・・確かにゾンビみたいな肌だ」って思っちゃう事。

本当に大好きだった恋人を信じてた友達に寝取られたこともあるし、仕事をクビになった事なんてマジで10回以上ある。

付け加えるなら、親父の癌が数年前に告知された。

「苦しみ」が何かなんてよーく知ってるよ。

その上であえて言うんだ。

小せぇって。

今この瞬間どれほどの後悔に襲われて、どれほどの悲しみと孤独で、発狂する寸前でもさ。

自分の親の首をナタで切り落として生き延びるか、一緒に殺されるか選ばされる子供の、その瞬間の気持ちマジでリアルに想像してみてよ。

自分がどれだけ自分本意な悩み事で辛いだの苦しいだの言ってるのかってこと。

別に辛いなら辛いでいいよ。実際辛いよな。

でもお前それ、すげー自分本意な苦悩なんだよ。

それでもその苦しみから救われたいってのは、極端な言い方すれば「自分さえ良ければそれでいい」ってのと同じ論法なんだよ。

そんなやつがちゃっかり救われる世界なんてそれこそ最低最悪じゃねーか。

だから俺はゾンビみたいな肌だって運命を呪ったりしないし、

俺の肌を嘲ってイジメたやつらを憎んだりしないし、

恋人を寝取った奴はそりゃちょっとは憎いっていうか実際一発殴っちゃったけど、でもその後は友達としてまた街で偶然会えば笑顔で話すし、

嘆いたり悲しんだり苦しんだり、もう十分したじゃん。

俺も、あんたも。

じゃあもうあとはそこから良くしてく事を考えようよ。

俺の肌は超絶医学が発達でもしないかぎり一生「普通の人」みたいにはならないし、あんたの失われた金玉は現代の医学では元に戻せない。

イスラム国の横暴を阻止することだって個人単位で出来ることじゃないし、政治家達の腐敗を正すことも現代の闇をどうこうするもできやしないけど。

今目の前にいるその誰かを、笑わせてあげることはできるんだよ。

お前がどんなにクソつまらない人間だって、今超本気でマジで面白い事考えようって頑張れば、多分まあ滑るとは思うけど滑ったなりに「いや、寒すぎて逆にウケるw」くらいの空気にはなるよ。

もうなんでもいいからとにかくまず人を笑わせろ。

なんとなく嬉しい気持ちにさせろ。

悲しい事、辛いこと、いっぱい抱えてても、ついうっかりしかめっ面が緩んじゃうような、そういう方法を考えていこうよ。

そしたら絶対嬉しさはちゃんと返ってくるから。

そこはまじで約束する。

お前がマジで全力で人を笑わせにいったら、全力で滑ったとしてもそこで折れずにお前が頑張ったら絶対いい感じになるから。

それはもう100%絶対ガチで約束する。

ちんこがねーくらいで人生諦めんな。

今死ぬほど後悔してたとしても、でも、あの瞬間は、幸せになりたかったから「決断」したんだろ。

ならその結果が後悔だったとしても、それを抱えながら、引きずりながら、強引にでも前に進もうよ。

もうそれしかないんだから。

俺はもう後悔しない。

お前が致命的な間違いを犯すのを止めてあげられなかった、あの時の自分の未熟さを心底恥じてはいるけど、でももう後悔はしない。

だって何もかもを失ったお前にだって幸せになる権利はあるんだから。

後悔なんてしてる暇があったら俺はそっちを信じるよ。

信じててやるからお前は全力で走れ。

いつかまた笑って会おうよ。

もしうまく笑えないとか抜かしたら容赦なくパピコ鼻にぶちこむから覚悟しとけよ。