読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウデッド・ハウス『Crowded House』

アンディ・パートリッジのツイートで同時代で好きだったバンドの名前を答えたものが少し前にありました。ディフォード&ティルブルック(スクイーズですね)、エルヴィス・コステロ、スティング、ジョー・ジャクソンと一緒に名前が挙がっていたのがニール・フィンでした。ニール・フィンって一体誰だ?ということで探してみたら何とクラウデッド・ハウス。あの「Hey Now, Hey Now〜」の奴か・・と自らの無知を恥じて手にとったのが87年リリースのこの1stアルバムです。

有名なのは「Dont Dream Its Over」なんですね。これはもうイントロからして風格が異なります。ああ、いい曲ですよね。90年代のビートルズなんて言われていたようですが、要するにその当時で言う今時珍しいメロディ志向のバンド、ということなんでしょう。ニュージーランド出身というのもなかなか渋いですね。

大概の楽曲は80年代の香りが漂っていて耳を通り過ぎていきますが、でも1stにしてはうまい。それまでの活動が結構長かったからということですが、プロデュースにミッチェル・フルームがついているというのも大きいのではないでしょうか。聴きやすくてエヴァーグリーンな感じがします。

ほとんど「Dont Dream Its Over」一曲、といっても過言ではない感覚ですが、その辺りも含めて微笑ましいなあと思います。