読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の日にはバラを!?

今日は母の日です。

どんなひとにも平等にお母さんが存在しています。

していました。しているはず?

いろいろ状況は違えど

自分の生は 母からもらったもの

そのことだけには とにかく感謝ですね。

日記の題名がおかしいかな

母の日といえばカーネーションですが

5月はバラの花咲く時期でもあり

そして、次に書く、映画の中に出てくる

お話しの鍵となるバラでもあるので

そう書いてみました。

先週末はまだGWで

家族ばらばらだったうちも

最後には 結局 ふたりで映画を見ました。

ふたりで。。 夫ではなく 息子ですが。

見たのは「美女と野獣

ディズニーアニメバージョンは

だいぶ前に DVDか何かで見ました。

今回は、エマワトソンが主演で歌も歌うということで

ハリーポッターでなじみだったハーマイオニー役の

エマがそのまま美女に成長したかのような錯覚で

ふたりで見に行きました。

前回のSINGでは放映時刻が合わなくて

吹き替え版しか見られなかった反省も含め

最初から字幕版狙いで。。。

だって そうしないと エマワトソンの声が

聞けれないのですから。

彼女は 27歳だそうです。

あんなにかわいかった気の強そうな乙女が

素敵な27歳になっていました。

というわけでビースト役の方にはあまり

関心がなかったのですが・・・

だって、主人公以外

お城に出てくる登場人物は

みんな呪いをかけられて人間以外の道具に

姿を変えられているのですから。。

CGはアニメバージョン以上に

細かい動きで素晴らしい出来でした。

それに何気なく

同じエマでも、ベテラン俳優のエマトンプソンなんかも

実は出演したりしています。

エマトンプソンは、ハリポタのなかでも

占い学の先生を演じていましたね。

全体は完全にミュージカル仕立て

アニメバージョンにはないエピソードも加えて

実写版がより楽しめるような構成になっていました。

惜しむらくは

どうみても、GWが暇すぎて

暇つぶしにきたとしか思えない

高齢のおじさまが

何度も スクリーン付近の席を

行ったり来たりして

つまりは

クライマックスの直前に

帰っていったことです(笑)

なんでよりによって美女と野獣なんて

ロマンティックな映画を見に来ていたんだろうね

と そんなことも感想になってしまいました。

それはともかく

アニメバージョンを見ていても

やはり盛り上がること必至だし

ディズニー映画の王道を行っている感じです。

私は どちらのバージョンも好きですけどね。

アニメバージョンも絵がとても美しい出来です。

主題歌もアリアナグランデがこちらでも活躍して

エンディングで彼女の歌も聞くことができますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=q-lqmP7muZc

↓のMVはアリアナ出演でしかもエマも見れます!

https://www.youtube.com/watch?v=v-djJSmvurA